コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スガ(巣蛾) スガ

世界大百科事典 第2版の解説

スガ【スガ(巣蛾)】

鱗翅目スガ科Yponomeutidaeに属する昆虫の総称。翅の開張1~3cmの小型種を含む小さな科で,日本には80種余り知られている。この科の代表的な属Yponomeutaの中には,幼虫が共同の巣をつくり,群生している種がいるので科名となった。サクラスガオオボシオオスガベンケイソウスガなどが集団性で大発生したときは,1本の木全体を巣で覆い,葉を丸坊主にしてしまうことがある。このようなスガの成虫は,前翅が白色あるいは灰色で,多数の黒点を散布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スガ(巣蛾)の関連キーワードスガ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android