ニシキギ

百科事典マイペディアの解説

ニシキギ

ニシキギ科の落葉低木。北海道〜九州,北東アジアの山野自生。枝には硬いコルク質の翼が4条ある。葉は対生し,楕円形で縁に鋸歯(きょし)があり,秋に美しく紅葉。5〜6月,葉腋に径約7mmの淡緑色4弁花を数個開く。果実は10〜11月,褐色に熟して裂開し,なかから黄赤色の仮種皮をかぶった種子を出す。庭木とする。枝に翼のないものをコマユミといい,山野ではこちらの方をよく見かける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニシキギ【winged spindle‐tree】

山に自生し,また庭にもよく植えられるニシキギ科の落葉低木(イラスト)。秋に美しく紅葉するところから,和名がついた。高さ2~3mくらいになる落葉性の低木。枝にはコルク質の翼が4条発達し,おもしろいので庭に植えられたり,生け花の材料としてもよく用いられる。葉は対生し,両端がとがった長楕円状の倒披針形で長さ2~7cm,毛がなく,秋になると美しく紅葉して落ちる。花は小さく,5~6月ころに開き,淡緑色で直径約5mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニシキギ
にしきぎ / 錦木
[学]Euonymus alatus (Thunb.) Sieb.

ニシキギ科の落葉低木。高さ3メートルに達する。枝は緑色、のちにコルク質の4翼が出るのが特徴である。葉は対生し、楕円(だえん)から倒卵形で長さ2~7センチメートル、質は薄い。5~6月、葉腋(ようえき)から長い柄のある集散花序を出し、4数性の淡緑色花を数個下向きに開く。ほかのニシキギ類と異なり、果実は1、2個の離生した心皮からなる。山地や丘陵に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、千島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。変異が多くいくつかの品種が知られ、枝に翼がないものをコマユミ、翼がなく葉が小さいものをコバノコマユミ、同じく葉が大きいものをオオコマユミという。庭木としてよく栽培される。種子に精油成分が含まれ、工業油としたりする。九州南部から沖縄には、本種に似た常緑性の別種リュウキュウマユミE. lutchuensis T. Itoがある。
 ニシキギ属は北半球の温帯、暖帯を中心に150種あり、日本にはニシキギのほかにマユミ、マサキなど14種分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニシキギの関連情報