コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マサキ

3件 の用語解説(マサキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マサキ

ニシキギ科の常緑低木。北海道南西部〜沖縄,東アジアの海岸にはえる。葉は対生し倒卵形で厚くつやがあり,縁には鋸歯(きょし)がある。6〜7月,葉腋に集散花序を出し,径約7mmの緑白色の4弁花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マサキ【evergreen spindle‐tree】

海岸近くの林に野生し,生垣などにもよく植えられるニシキギ科の常緑大型低木。幹はよく分枝し,高さ3m余りになる。葉は楕円形で対生し,長さ3~8cm,鈍鋸歯があり,質は厚い。花は6月ころ,葉腋(ようえき)に集散花序を作って開き,淡緑色で直径約7mm,4枚の花弁と4本のおしべがある。めしべは1個で,まわりを花盤が取りまいている。果実は丸くて直径約7mm,秋になると4裂し,中から赤色の仮種皮に包まれた4個の種子が現れて,美しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マサキ
まさき / 柾
[学]Euonymus japonicus Thunb.

ニシキギ科の常緑低木。高さ約3メートルであるが、約8メートルに達するものもある。枝は緑色で滑らかである。葉は楕円(だえん)形で長さ3~8センチメートル、質は厚く、光沢がある。6~7月、集散花序をつくり、4数性で径約5ミリメートルの淡緑色花を多数開く。果実は球形で径約7ミリメートル、橙赤(とうせき)色である。海岸近くの林に普通に生え、北海道南部から沖縄・小笠原(おがさわら)、および朝鮮半島、中国に分布する。生け垣などに、もっとも普通に植栽される。変異に富んだ植物で、葉が細いナガバマサキ、葉が小さく質が薄いカワチマサキなどの品種がある。中国では薬用とし、利尿、強壮に効能があるという。[門田裕一]

文化史

マサキの語源には正木、真青木、真幸(まさき)、あるいは籬木(ませき)の転訛(てんか)などの諸説があるが、それらは平安時代の辞書にはみられない。漢方ではマサキをトチュウ(杜仲)の代用とし、和杜仲(わのとちゅう)の名で、樹皮を強壮薬に使った。
 江戸時代には葉の変異がみいだされ、園芸化が進んだ。『花壇地錦抄(かだんちきんしょう)』(1695)では正常なマサキのみであるが、続く『増補地錦抄』(1710)には銀覆輪の「薄雪(うすゆき)まさき」をあげている。『草木錦葉集(きんようしゅう)』(1829)は諸種の斑(ふ)入りを載せている。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マサキの関連情報