コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナガ

百科事典マイペディアの解説

コナガ

鱗翅(りんし)目スガ科の1種。開張14mm内外,灰褐色,前翅の後縁に波状の灰白帯がある。全世界に分布。幼虫は緑色。アブラナ科の野菜に糸を張って食べる害虫。成虫は冬季以外ほぼ一年中見られる。
→関連項目ダイアジノン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コナガ
こなが / 小菜蛾
diamond black moth
[学]Plutella xylostella

昆虫綱鱗翅(りんし)目スガ科に属するガ。はねの開張12~15ミリメートル。はねは非常に細長く、前翅の翅底部と平行に黒色の波状縦帯があり、その下側は白色で縁どられている。ほとんど全世界に分布するダイコン、ハクサイなどアブラナ科野菜の害虫で、温暖地では年10回以上発生。幼虫はアオムシ(青虫)でアブラナ科各種の葉裏にごくわずかの糸を張り、上面の表皮を残して食害する。老熟すると籠(かご)状の繭をつくって蛹化(ようか)する。温暖地では、冬でも卵から成虫まであらゆる段階のものがみられる。成虫はよく灯火に飛来する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コナガの関連キーワードオヨギピンノ鱗長跳虫ナガニシ双尾類井上

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android