コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スギノリ

2件 の用語解説(スギノリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

スギノリ

からだはやや平たく,枝を互生または対生に出す。枝はつぶれた円柱状であるが,基部近くでは円柱状。小枝の先端は尖 る。皮層は5〜7個の小さな細胞が並び,皮下層に不規則な形の細胞がゆるく並ぶ。髄層は縦列する糸状細胞からなる。手ざわりは弾力のある軟骨質。 生体は紫がかった紅色〜緑がかった紅色で,海中では青白く発色してみえる。かつては壁土用の糊の原料とされた。噛むとコリコリと良い歯ごたえで,見た目も良いので,刺身のツマや海藻サラダなどにも使われることがある。また,寒天の副原料としてや,ゲル化剤カラギーナン(増粘性多糖類)を抽出するために使われることもある。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
海藻海草標本図鑑について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スギノリ
すぎのり / 杉海苔
[学]Gigartina tenella Harvey

紅藻植物、スギノリ科の海藻。暗紅色で、細く硬い軟骨質の小枝を数多く張り出す分岐体状で、全体がスギの新芽に似ているためにこの名がある。体長10~15センチメートル内外の多年生藻。波の荒い外海に面した岩礁の干潮線付近に生育する。日本沿岸に広く分布し、食用、または寒天の副原料となる。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone