コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコテッラーロ Scotellaro, Rocco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコテッラーロ
Scotellaro, Rocco

[生]1923. トリカリコ
[没]1953. ナポリ
イタリアの詩人,小説家。 23歳で生地の村長となり,第2次世界大戦後の南部農民運動に加わった。ネオレアリズモ文学のなかにあって今日でもその価値を失わない作家の一人。主著はいずれも死後に出版された。『知られざる短編集』 Racconti sconosciuti (1953) ,『夜は明けた』E' fatto giorno (54) ,『南部の農民』 Contadini del sud (54) ,『腐ったぶどう』L'uva puttanella (55) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スコテッラーロ
すこてっらーろ
Rocco Scotellaro
(1923―1954)

イタリアの詩人。南部の貧しい家に生まれる。若年から政治活動に取り組み、季節労働者とともに土地占拠運動に加わる。無実の罪を問われ、獄中生活を体験。作品はすべて没後の刊行で、詩集『夜が明けた』(1954)、獄中で書き始めた自伝的小説『熟さない葡萄(ぶどう)』(1955)をはじめ、『南部の農婦』(1954)など、イタリア南部農民の社会的、文化的情況に密着した問題作によって、戦後ネオレアリズモ文学の一つの典型と目されている。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スコテッラーロの関連キーワードスコテラーロ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android