スタッファ島(読み)スタッファとう(英語表記)Staffa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタッファ島
スタッファとう
Staffa

イギリススコットランド西岸沖の大西洋にある無人島。内ヘブリディーズ諸島中部,マル島西部の湾入部に位置する。海岸の岩壁に多数の洞窟があることで知られ,観光シーズンには近隣の島から定期船が通う。スタッファは古代スカンジナビア語で「柱」の意で,洞窟の壁面などをつくっている玄武岩六角柱に由来する。南西岸のフィンガル洞窟が最も有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スタッファ‐とう〔‐タウ〕【スタッファ島】

Staffa》英国スコットランド西岸沖、インナーヘブリディーズ諸島の無人島。マル島の西方約10キロメートルに位置する。溶岩の冷却に伴ってできた柱状節理海食崖に囲まれる。中でも波の浸食を受けて形成されたフィンガルの洞窟は有名。スタファ島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android