コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンボロフ Stefan Nikolov Stambolov

2件 の用語解説(スタンボロフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スタンボロフ【Stefan Nikolov Stambolov】

1854‐95
ブルガリアの政治家。1876年の四月蜂起に参加し78年の自治公国成立後は自由党員。東ルーメリアの併合や対セルビア戦争に参加。86年の軍事クーデタを逆転させ,アレクサンダル公退位後は首相となり,87‐94年反ロシア的な独裁政治を行った。内政では商工業の発達を重視した経済政策をとり,外交では親オーストリア,親イギリス路線を推し進めた。95年7月,反対派により暗殺された。【今井 淳子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタンボロフ
すたんぼろふ
Stefan Stambolov
(1854―1895)

ブルガリアの政治家。反ロシア政策をとり、強引に国力の充実を図って、「ブルガリアのビスマルク」とよばれる。1875~76年にブルガリア解放運動に参加し、トルコから解放後の84年に国民議会議長となった。翌年東ルメリア統合にかかわり、86年には国民自由党を率いて選挙で多数派を占めた。同年9月に国王アレクサンダルが退位すると、彼は摂政団を指揮してロシアの影響力増大に対抗した。翌年、新王フェルディナンドが選出されたが、スタンボロフが実権を握り、87年からは首相に就任して反ロシア的独裁政権を確立した。しかし、ロシアとの関係改善を求める国王により、94年に首相を解任された。翌年、彼は暗殺された。[寺島憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタンボロフの関連キーワードディミトロフブルガーニンブルガリア語ブルートゥスСредец聖ネデリャ教会ブルガリア人看護師問題ルーマニアとブルガリアのEU加盟シャトーブリアン・ステーキピプコフ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone