コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンリー滝 スタンリータキ

4件 の用語解説(スタンリー滝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スタンリー‐たき【スタンリー滝】

Stanley Falls》コンゴ民主共和国北東部、コンゴ川中流にかかるボヨマ滝の旧称。滝を踏査した探検家ヘンリー=スタンリーの名にちなむ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スタンリー滝【スタンリーたき】

アフリカ中部,コンゴ川の中流部,コンゴ民主共和国北東部のキサンガニ〜ウブソドゥ間にある7個の滝の総称。落差合計約70m,幅は最大約800m。この間は航行不能のため鉄道で結ばれる
→関連項目キサンガニコンゴ[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スタンリーたき【スタンリー滝 Stanley Falls】

アフリカ中部,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)のコンゴ川中流にかかる滝の総称。キサンガニ(旧名スタンリービル)とその上流約100kmのウブンドゥ間に七つの滝をもつ。最下流のものが最大で(幅約750m),約42km上流に次の滝,さらに約35km上流から五つの滝が連続する。落差は小さく,合計約70mであるが,船が通れないため,鉄道がこれを補っている。コンゴ川はここから上流ではルアラバ川呼ばれる。滝の名は1876年に踏査したH.スタンリーにちなむが,コンゴ民主共和国ではボヨマBoyoma滝と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタンリー滝
すたんりーたき
Stanley Falls

アフリカ中央部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)東部のコンゴ(ザイール)川のうち、キサンガニ付近より上流約100キロメートルの間の急流部をいう。この区間に七つの滝があり、落差はあわせて約70メートルと小さいが、舟運にとっては大きな障壁となっている。コンゴ川はここより上流をルアラバ川ともよぶ。なお、この滝の名称は、欧米人としてこの地を初めて訪れた探検家スタンリーの名に由来するが、コンゴ民主共和国ではボヨマ滝とよび、現在はワゲニア滝と改称されている。[田村俊和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタンリー滝の関連キーワードコンゴ川コンゴ盆地バンギベンゲラマウンテンゴリラザイールコンゴシャバリンガラミュージック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone