コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターリング機関 スターリングきかん

2件 の用語解説(スターリング機関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スターリング機関
スターリングきかん

スターリングサイクル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スターリング機関
すたーりんぐきかん

スコットランドの牧師スターリングRobert Stirling(1790―1878)が1816年に特許を得た熱空気機関で、外燃機関の一種。スターリングエンジンともいう。シリンダーの外で加熱した空気をシリンダー内に送り込んでピストンを動かし、ただちにその空気を冷却し、空気の収縮によりピストンを引き込む。次にまた熱空気をシリンダー内に送り込む。これを繰り返しピストンの往復運動で動力を得る仕組みとなっている。20世紀の初め扇風機を動かすものとして市販された。その後自動車用機関の試作もあったが実用化しなかった。20世紀後半になって太陽熱で加熱するスターリング機関の研究が始まり、発電機の原動機として注目されている。[中山秀太郎]
 日本でも通産省工業技術院(現、独立法人産業技術総合研究所)で「ムーンライト計画」の一環として汎用スターリング機関の研究が行われ、ヒートポンプ用など各種のエンジンが開発された。しかし、コスト的に内燃機関に劣るため、普及には至っていない。それでも、スターリング機関は低公害の熱機関として研究・開発が続けられ、太陽熱以外にも地熱、産業廃棄熱、バイオマスなどを熱源とする研究も行われている。現在は、コストをあまり気にせずにすむ軍用艦船への利用がみられ、とくに潜水艦への搭載が注目を集めており、日本の最新鋭潜水艦「そうりゅう」にも搭載されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone