コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターレー Starley, James

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スターレー
Starley, James

[生]1830.4.21. アルボーン
[没]1881.6.17. コベントリー
イギリスの発明家。自転車産業の父といわれる。 1855年ロンドンに居を移し,ミシン工場に職を得た。その2年後,コベントリーに移り,コベントリー・ソーイングマシン・カンパニーの監督職長となる。ここで次々と新機種を発明して特許を取得,その新技術の多くは今日のミシンにも使われている。 1868年からは自転車の改良に取り組み,最初に開発した『コベントリー』に続いて 1871年に『アリエル』を発表。『アリエル』の特徴はセンターピボット式のハンドルにあった。多くの歴史家が最初の自転車と認める『アリエル』は,大きな前輪をもつオーディナリー型自転車の原型となり,その後 10年にわたって自転車の標準的な形となった。 1876年三輪車『コベントリー』を発表して大いに成功を収め,翌 1877年チェーン駆動と変速ギアを組み合わせた三輪車を考案し,特許を取得した。 1885年甥のジョン・スターレーが最初の安全型自転車とみなされる『ローバー』を考案し,製造を開始。『ローバー』は現代の自転車の基本型となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スターレーの関連キーワードサイクリング新井真季子藤井啓輔

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android