スチルブ(英語表記)stilb

百科事典マイペディアの解説

スチルブ

輝度のCGS単位。単位記号sb。国際単位系(SI)では輝度の単位はカンデラ毎m2で,別名ニト(記号nt)ともいう。1ニトは輝度が一様な面積1m2の光源の,垂直方向の光度が1カンデラであるときのその面の輝度であるが,スチルブはその104倍の大きさ,すなわち1sb=1cd/cm2=1万cd/m2=1万nt。
→関連項目ランバート

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スチルブ【stilb】

輝度の単位。単位記号sb。国際単位系(SI)では輝度の単位はカンデラ毎平方メートルで,別名ニト(記号nit,またはnt)ともいう。これは輝度が一様な面積1m2の光源の,垂直方向の光度が1カンデラであるときのその面の輝度であるが,スチルブはその104倍の大きさである。すなわち1sb=10000cd/m2である。輝度の単位はこのほかアポスチルブ(記号asb。1asb=(1/π)cd・m-2),ランベルト(記号L。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スチルブ【stilb】

輝度の単位。1平方センチメートルあたり1カンデラの輝度。記号 sb  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単位名がわかる辞典の解説

スチルブ【stilb】

輝度を表す単位。記号は「sb」。1cm2あたり1カンデラの光度をもつ光源の輝度を表す。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スチルブ

〘名〙 (stilb) 輝度(輝き)の単位の一つ。一平方センチメートルあたり一カンデラの光度を有する光源の輝度。記号 sb で表わす。別名、ニト。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスチルブの言及

【輝度】より

…物体の表面から観測者のほうへどれくらいの光がきているかを表す心理物理量で,単位としてはニト(記号nt),スチルブ(記号sb)などがある。例えば1ntは,その表面の1m2の面積から観測者のほうへ向かって1立体角内に1lmの光束がきている場合のその表面の輝度の値である。…

※「スチルブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android