スティーブン スピルバーグ(英語表記)Steven Spielberg

20世紀西洋人名事典の解説

スティーブン スピルバーグ
Steven Spielberg


1947.(’48.,’49.) -
米国の映画監督,製作者
オハイオ州シンシナティ生まれ。
少年時代から八ミリビデオ映画を作り、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校の映画学科で学ぶ。’69年にユニバーサル社と専属の契約を結び、映画監督としては’73年の「続・激突!カージャック」を皮切りに「ジョーズ」(’75年)や「未知との遭遇」(’77年)、「レイダース失われたアーク」(’81年)、「E T」(’82年)など次々と映画興行の記録を塗りかえ、世界的なヒットメーカーとなっている。また、観客を喜ばせる監督として「ハリウッドプリンス」と呼ばれている。その他の主な作品に「トワイライト・ゾーン」(’83年)、「インディ・ジョーンズ」(’84年)、「カラーパープル」(’85年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

スティーブン スピルバーグ

生年月日:1947年12月18日
アメリカの映画監督;映画プロデューサー

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

スティーブン スピルバーグ
Steven Spielberg

職業・肩書
映画監督・プロデューサー

国籍
米国

生年月日
1947年12月18日

出生地
オハイオ州シンシナティ

学歴
カリフォルニア州立カレッジ卒

勲章褒章
ドイツ功労十字勲章〔1998年〕, レジオン・ド・ヌール勲章〔2004年〕

受賞
アカデミー賞アービング・タールバーグ記念賞(第59回,1986年度)〔1987年〕,アカデミー賞作品賞・監督賞(第66回,1993年度)〔1994年〕「シンドラーのリスト」,アカデミー賞監督賞(第71回,1998年度)〔1999年〕「プライベート・ライアン」,ベネチア国際映画祭特別功労賞(第50回)〔1993年〕,D.W.グリフィス賞〔1993年〕「シンドラーのリスト」,ニューヨーク映画批評家協会賞最優秀作品賞〔1993年〕「シンドラーのリスト」,ロサンゼルス映画批評家協会賞最優秀作品賞〔1993年〕「シンドラーのリスト」,ゴールデン・グローブ賞最優秀作品賞・監督賞(第51回・56回,1993年度・1998年度)「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」,全米映画批評家協会賞最優秀作品賞〔1993年〕「シンドラーのリスト」,米国映画監督協会賞〔1994年〕「シンドラーのリスト」,BAFTA賞映画部門最優秀賞・監督部門最優秀賞(1993年度)〔1994年〕「シンドラーのリスト」,AFIライフ・アチーブメント賞(第23回)〔1995年〕,セザール賞名誉賞(第20回,1995年度),ロサンゼルス映画批評家協会賞最優秀作品賞〔1998年〕「プライベート・ライアン」,マイルストーン賞〔1999年〕,米国監督組合賞(1998年度)「プライベート・ライアン」,米国国防省公共奉仕賞〔1999年〕,米国海軍功労賞〔1999年〕,米国監督組合賞功労賞〔1999年〕,スタンリー・キューブリック・ブリタニア賞〔2000年〕,ゴールデン・グローブ賞アニメ作品賞(第69回,2011年度)「タンタンの冒険」

経歴
両親はユダヤ系。子どもの時から映画に興味を持ち、1961年13歳の時40分の戦争映画をつくりコンテストに入賞。カリフォルニア州立大学のロング・ビーチ校でも映画学科に入って映画をつくり続けた。’68年初の35ミリ映画「アンブリン」(短編)を製作、この作品がユニバーサル副社長に認められ、’69年ユニバーサル専属テレビ監督となり、’74年から劇場用映画に転じる。’72年「激突!」(テレビ映画)、’75年「ジョーズ」、’77年「未知との遭遇」、’81年「レイダース/失われたアーク」、’82年「E・T」などを発表、いずれも大ヒットとなり、ハリウッド新世代のトップ監督の地位を築く。’93年ユダヤ人たちをナチスの虐殺から救った実在の人物を描いた「シンドラーのリスト」でアカデミー賞作品賞・監督賞をはじめ数多くの賞を受賞。’98年には「プライベート・ライアン」で2度目のアカデミー賞監督賞ほか5部門を受賞。2012年第16代米大統領エイブラハム・リンカーンを描いた「リンカーン」を監督、アカデミー賞作品賞・監督賞にノミネート。◆◆他の監督作品に「1941」(1979年)、「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」(’84年)、「カラーパープル」(’85年)、「太陽の帝国」(’87年)、「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」(’89年)、「ジュラシック・パーク」(’93年)、「ロスト・ワールド」(’97年)、「A.I.」(2001年)、「マイノリティ・リポート」(2002年)、「ターミナル」(2004年)、「宇宙戦争」(2005年)、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(2008年)、「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」(アニメ,2011年)、「戦火の馬」(2011年)など。◆◆一方、1984年にアンブリアン・エンターテインメントを設立。’94年には元ディズニー・スタジオ会長カッツェンバーグ、米国レコード界のドンといわれるデービッド・ゲフィン、マイクロソフト社と組んで娯楽会社ドリームワークスSKGを設立。’95年〜2005年同パートナー。1997年第1作「ピースメーカー」、’98年第2作「アミスタッド」を公開。◆他の製作作品に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作(’85〜90年)、「ロジャー・ラビット」(’88年)、「キャスパー」(’95年)、「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」(2006年)、「トランスフォーマー」シリーズ(2007年〜)、「リアル・スティール」(2011年)など。◆◆2000年腎臓がんで手術を受ける。2001年英国の娯楽産業に対して多大な貢献をしたとして、英国政府より名誉ナイト爵に叙せられる。2003年1月ハリウッド殿堂入り。◆◆1986年来日。2001年大阪市にオープンしたユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の創作顧問を務める。2002年来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スティーブン スピルバーグの関連情報