コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステーショナーズ・カンパニー Stationers’ Company

世界大百科事典 第2版の解説

ステーショナーズ・カンパニー【Stationers’ Company】

イギリス絶対王政期に活動した印刷・出版関連業種の同業組合。1557年5月4日,異端統制を意図するメアリー1世の特許状を受けて結成された。組合員以外が印刷関連業務につくことを禁じ,組合に違法出版物の全国捜査権,一定度の処罰権をあたえられた。自主統制機関として,活字文化の形態,言論統制に多大の影響をあたえた。17世紀に入るとギルド規制は産業の成長を阻害するようになり,ピューリタン革命期に〈独占〉を攻撃され,現実の規制力を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のステーショナーズ・カンパニーの言及

【イギリス】より

…メディア統制の主流は自主規制であり,新聞については〈プレス苦情処理委員会〉が読者の批判について調査し,メディアに対する勧告を行っている。 チューダー,スチュアート絶対王政は,印刷・出版業者をギルド(ステーショナーズ・カンパニー)に組織して自己規制させ,星室裁判所に言論統制をゆだね,原則として定期的な国内ニュース伝達媒体を容認しなかった。しかし,庶民院議員が議事の要旨をまとめて選挙区有力者に送る手書新聞news‐letterは,すでにエリザベス時代から慣行化し,17世紀には専門業者も出て印刷されるようになっている。…

【星室裁判所印刷条令】より

…絶対王政型言論統制法規の典型。印刷・出版のギルド(ステーショナーズ・カンパニー)を手足に使い,印刷機台数,徒弟数などを制限,国教会の機構を主にした事前検閲システムを規定する。1637年に諸規定をより精細にした改正条令が出され,言論統制に実効をあげるが,印刷・出版業の発展にとってこの条令は足かせとなり,それによる異端,反対意見の厳しい抑圧は,圧制のシンボルとして不満,怒りを集積させた。…

※「ステーショナーズ・カンパニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ステーショナーズ・カンパニーの関連キーワード星室裁判所印刷条令メアリー[1世]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android