コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストーンウェア stoneware

翻訳|stoneware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストーンウェア
stoneware

陶芸用語で 炻器 (せっき) のこと。ドイツ語ではシュタインツォイク Steinzeug。石のように硬い陶器という意味。焼成温度は 1200~1400℃。磁器のような透光性はなく素地は有色だが,液体が浸透しないように緻密に焼締っている。 14世紀頃初めてドイツのライン地方で焼かれ,16~17世紀頃これに塩釉をかけたものが盛んに製作された。またイギリスでも 1671年に J.ドワイトがその焼成に成功し,その後非常な流行をみた。有名なウェッジウッド製品のクリーム陶器はこのストーンウェアを改良したもの。日本では常滑,万古,信楽,伊部,萩,高取,益子などの焼物が 炻器に属する。中国,宣興窯の朱泥や紫泥,建窯の天目なども代表的 炻器。明治末年の新造語。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ストーンウェアの関連キーワードボーンチャイナバザルトウェアマイセン磁器アゲイト手ひげ徳利

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android