コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建窯 けんようJian-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建窯
けんよう
Jian-yao

中国,福建省建陽県水吉鎮の付近にあった窯。宋代に喫茶の流行に伴って発達した陶窯で,日本では天目茶碗の生産窯として著名。唐代に 閩窯 (びんよう) の名で陶器を焼成したことが知られるが,宋代に天目茶碗を焼いてから一躍有名となった。鉄分の多い黒褐色の胎土に天目釉と呼ぶ漆黒色の釉が厚くかかっている。建窯で焼く天目茶碗を建盞 (けんさん) といい,釉調の変化によって曜変 (ようへん) 天目,油滴 (ゆてき) 天目,禾 (のぎ) 天目などに区別される。また釉色を形容して兎毫盞 (とごうさん) ,鷓鴣斑 (しゃこまだら) ,烏盞 (うさん) などと称する。日本には鎌倉・室町時代の禅僧らが将来した遺品が多数伝存し,茶器として最高の名宝とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐よう〔‐エウ〕【建窯】

中国福建省建陽県にあった陶窯。宋・元代にすぐれた天目茶碗(てんもくぢゃわん)を産出し、建盞(けんさん)とよばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

建窯【けんよう】

中国,福建省建陽県水吉鎮にあった窯。唐時代後期から青磁を焼成したが,宋代に建盞(けんさん)と呼ばれる黒釉のかかった天目茶碗をもっぱら焼成したことで知られる。これらは鎌倉〜室町時代に留学僧によって多量に将来された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんよう【建窯 Jiàn yáo】

中国,福建省建陽県水吉鎮にあった陶窯。宋代に喫茶用の茶碗(天目)を量産した窯として名高い。窯址は1935年ミシガン大学のプラマーJ.M.Plumerが初めて調査し,戦後は中国の研究者による調査が再三行われている。大小の天目茶碗建盞(けんさん)を焼造した窯で,いくつかの丘が破片や匣鉢(さや)で覆われているという。建盞は北宋の士大夫階級に愛用され,なかでも兎毫盞(とごうさん)は当時の詩編にも詠われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんよう【建窯】

中国福建省建陽県にあった陶窯。南宋時代、すぐれた天目茶碗(建盞けんさん)を産した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建窯
けんよう

中国福建(ふっけん/フーチエン)省の古窯で、とくにここで焼かれた茶碗(ちゃわん)は建盞(けんさん)とよばれて天下に名を馳(は)せた。窯址(ようし)は福建省建陽(けんよう/チエンヤン)県水吉鎮にあり、1935年にアメリカのJ・プラマーが発見した。建窯の近く、福建省建甌(けんおう)県北苑には宋(そう)朝の帝室御料茶園もあり、福建省は中国第一の茶と茶碗の産地となった。10世紀、五代の人、陶穀が著した『清異録』に(びん)(福建省のこと)の鷓胡斑(しゃこはん)茶碗が名高いことを記しているので、あるいは建窯の始原は五代までさかのぼると説く説もある。[矢部良明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

建窯の関連キーワードストーンウェア曜変天目茶碗陶芸

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建窯の関連情報