コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナッチ snatch

翻訳|snatch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スナッチ
snatch

クリーン・アンド・ジャークとともにウエイトリフティング競技種目の一つ。両足を前後に開いたスプリット,または曲げたスクワットの姿勢でバーベルを一動作で頭上に差し上げ,続いて,そのまま両足を同一線上に適当な間隔をあけてそろえ,静止する。技術を主とした種目。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スナッチ(snatch)

重量挙げ競技の一種目。床のバーベルをからだに触れずに一気に頭上まで引き上げ、両腕・両足を伸ばし静止するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

スナッチ

西澤保彦の長編小説。2008年刊行。SF新本格ミステリー。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

スナッチ【snatch】

重量挙げの一種目。バーベルを頭上に一気に引き上げ、両腕を完全に伸ばし、立ち上がって静止する。 → ジャーク

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のスナッチの言及

【ウェイトリフティング】より

…このとき採用された種目は〈両手によるクリーン・アンド・ジャークtwo hands clean and jerk〉と〈片手によるクリーン・アンド・ジャークone hand clean and jerk〉の2種類で,体重制限はなく,参加者も少なかった。その後,1924年のパリ大会(第8回)までは,〈両手によるスナッチtwo hands snatch〉や〈片手によるスナッチone hand snatch〉〈両手によるプレスtwo hands clean and press〉などがそのときどき適当に盛り込まれ,種目数も一定しなかった。〈両手によるプレス〉〈両手によるスナッチ〉〈両手によるジャーク〉の3種目方式に統一されたのは,28年のアムステルダム大会(第9回)からである。…

※「スナッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スナッチの関連キーワードズルフィヤ チンシャンロSFボディ・スナッチャージェイソン ステイサムフィリップ カウフマンウエートリフティングベニシオ デル・トロウェイトリフティングホセイン レザザデパワーリフティングレナード ニモイブラッド ピットオム ユンチョルマシュー ボーンキム ウングクガイ リッチーアレクセーエフ盗まれた街大城みさきシーゲルジャーク

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スナッチの関連情報