スナッチ

精選版 日本国語大辞典「スナッチ」の解説

スナッチ

〘名〙 (snatch)
ウエイトリフティング競技種目の一つ。両脚を前後に広げるか腰を落として、バーベルを地より頭上まで一気に引き上げて両腕を伸ばし、次に両足を伸ばして左右に開き静止するもの。
② (━する) ひったくること。
※藪の鶯(1888)〈三宅花圃〉六「あの斎藤さんにスナッチされようとしたのは。あのお芋をネ。西村さんにもらってたべてゐたら。斎藤さんが来てとらうとするのだもの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「スナッチ」の解説

スナッチ
snatch

クリーン・アンド・ジャークとともにウエイトリフティング競技種目の一つ。両足を前後に開いたスプリット,または曲げたスクワット姿勢でバーベルを一動作で頭上に差し上げ,続いて,そのまま両足を同一線上に適当な間隔をあけてそろえ,静止する。技術をとした種目。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「スナッチ」の解説

スナッチ(snatch)

重量挙げ競技の一種目。床のバーベルをからだに触れずに一気に頭上まで引き上げ、両腕・両足を伸ばし静止するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスナッチの言及

【ウェイトリフティング】より

…このとき採用された種目は〈両手によるクリーン・アンド・ジャークtwo hands clean and jerk〉と〈片手によるクリーン・アンド・ジャークone hand clean and jerk〉の2種類で,体重制限はなく,参加者も少なかった。その後,1924年のパリ大会(第8回)までは,〈両手によるスナッチtwo hands snatch〉や〈片手によるスナッチone hand snatch〉〈両手によるプレスtwo hands clean and press〉などがそのときどき適当に盛り込まれ,種目数も一定しなかった。〈両手によるプレス〉〈両手によるスナッチ〉〈両手によるジャーク〉の3種目方式に統一されたのは,28年のアムステルダム大会(第9回)からである。…

※「スナッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android