コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナホリガニ Hippa pacifica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スナホリガニ
Hippa pacifica

軟甲綱十脚目スナホリガニ科 Hippidae。甲長 2.5cm内外。甲は卵形,ほぼ白色で,強く湾曲した背面はなめらかで,光沢がある。第1脚はカニ類と違って鋏にならず,第2脚,第3脚は平たく,内側に曲がっていて砂をかくのに適している。近縁種にハマスナホリガニ H. truncatifrons とミナミスナホリガニ H. adactyla があるが,おもに甲の前縁と側縁の形状によって区別される。本州中部以南のインド西太平洋海域に広く分布し,満潮線付近の砂浜にすむ。スナホリガニ科にはほかに Emerita属があり,第2触角を投網のように使って餌をとる。生息場所は全種ほとんど同じで,英名は mole crab,sand crab,sand bugなどと総称される。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナホリガニ
すなほりがに / 砂掘蟹
[学]Hippa pacifica

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目スナホリガニ科に属する海産動物。分類学的には異尾類(ヤドカリ類)に属する。砂地の潮間帯にすみ、波が打ち寄せたときに砂上に飛び出して高潮帯に移り、波が引くときに波にのって低潮帯に移る。甲は縦長の楕円(だえん)形で光沢がある。額角(がっかく)はないが、左右に鈍い突起がある。腹部は細長い三角形。紀伊半島以南の西太平洋からインド洋にかけて広く分布する。近縁のハマスナホリガニH. truncatifronsは額部に突起がなく、南方系のミナミスナホリガニH. adactylaでは額部に三突起が並んでいる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スナホリガニの関連キーワード異尾類砂掘蟹甲類

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android