コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナモグリ スナモグリNihonotrypaea petalura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スナモグリ
Nihonotrypaea petalura

軟甲綱十脚目スナモグリ科。体長約 5cm。体は白色半透明で,頭胸甲は円筒形,腹部はやや扁平。第1胸脚は左右不相称で,どちらかが著しく大きい。外洋性の磯の砂地に埋もれて生活する。内湾性の砂泥地にはニホンスナモグリ N. japonica とハルマンスナモグリ N. harmandi が深さ 30~50cmの巣穴を掘ってすんでいる。この 2種では,頭胸甲の頸溝がスナモグリよりもやや前に位置する。ニホンスナモグリとハルマンスナモグリは同種とする意見もあり,また日本産 3種を Callianassa属から分けて別属にすることに異論もある。3種ともに北海道南部から九州まで,また中国北部に分布し,食用にするほか釣餌として利用される。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナモグリ
すなもぐり / 砂潜
[学]Callianassa petalura

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目スナモグリ科に属する海産動物。体形はエビ型であるが、分類学的には異尾類(ヤドカリ類)に属する。体長5センチメートルで、白色半透明。頭胸部は円筒形、腹部は背腹にやや扁平(へんぺい)。額角(がっかく)はない。第1胸脚は左右で著しく大きさが異なるはさみ脚(あし)である。第2胸脚は小さなはさみ、第5胸脚は不完全なはさみをもつ。北海道から九州まで、外洋性の磯(いそ)の砂地に潜って生活するが、近縁のニホンスナモグリC. japonicaは、内湾の砂泥地に深さが30~50センチメートルの穴を掘ってすむ。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスナモグリの言及

【カマツカ(鎌柄)】より

…コイ目コイ科の淡水魚(イラスト)。スナモグリ(岩手県ほか),カワギス(埼玉県),ソウゲン,ソウゲンボウ(群馬県など利根川水系),ダンギリボ(琵琶湖)などの地方名がある。北海道,青森県を除く日本のほぼ全土と朝鮮半島などアジア大陸北東部の一部に分布。…

※「スナモグリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スナモグリの関連キーワードカマツカ(鎌柄)ウナギガジ鎌柄甲類砂潜

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android