コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スネイデルス Snyders, Frans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スネイデルス
Snyders, Frans

[生]1579.11.11. 〈洗礼〉アントウェルペン
[没]1657.8.10. アントウェルペン
フランドルの静物画家,動物画家。ブリューゲル2世 (大ブリューゲルの子) および H.バーレンに師事。 1608年イタリアに旅行,帰国後はルーベンスのもとで彼のキャンバス静物や動物を描いた。後年執政官アルバート大公の首席画家となり,スペインのフェリペ3世の命を受けて幾点かの狩猟画を描いた。プラド美術館には彼の作品が多数収蔵されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スネイデルス【Frans Snyders】

1579‐1657
フランドル静物画家。ピーテル・ブリューゲル2世の弟子で,1602年に生地アントワープの画家組合に登録。彼の初期作品は不明だが,当初人物画家を志したらしい。03‐09年イタリアに滞在,以後没年まで生地で静物画,狩猟画の第一人者として活動した。作品は16世紀のアールツェンの,人物を伴った大規模な静物画の流れをくむが,構図は整理されつりあいのとれたものとなり,豪奢な装飾的効果も高められている。独立した作品のほか,ルーベンスやファン・デイクの人物画中に静物,動物を描き込んだ例も知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスネイデルスの言及

【フランドル美術】より

…ヨルダーンスはフランドルの諺や習俗を扱った大画面の風俗画に土着的活力に満ちたその個性を発揮している。F.スネイデルスの狩猟画や静物画も大画面で,総じてフランドルでは装飾性豊かな大作への嗜好が顕著なのも,写実的で親密な小品を好んだオランダと異なる点である。しかし,美術活動の担い手についてと同様,作品そのものについても両地域の相違のみを強調するのは一面的にすぎる。…

※「スネイデルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スネイデルスの関連キーワードファン・デイク11月11日フェイト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android