スフロ(英語表記)Soufflot, Jacques-Germain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スフロ
Soufflot, Jacques-Germain

[生]1713.7.22. イランシー
[没]1780.7.29. パリ
フランスの建築家フランス古典主義建築を導入した 18世紀の最もすぐれた建築家。リヨンならびにローマのフランス・アカデミーで建築を学び,のち小アジア各地を旅行して古典建築を研究。帰国後リヨン劇場およびオテル・ディオーを設計して名声を博した。 1755年パリのサント・ジュヌビエーブ聖堂 (現パンテオン) 設計の懸賞募集に入賞。この建築は 64年に起工し,彼の死後完成した。 57年国王の主任建築家となり,ルーブル宮の造営にたずさわった。上記のほか彼の設計に成った建物ではパンテオン広場に面するパリの法科大学 (1772) ,リヨンのマッソン病院などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スフロ

フランスの建築家。ローマ滞在中にピラネージらの影響を受け,フランス新古典主義建築の端緒を開いた。初めリヨンで活動したが,パリに招かれ,1755年サント・ジュヌビエーブ聖堂(現パンテオン)を設計。1776年王室建築総監督となる。
→関連項目古典主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スフロ【Jacques‐Germain Soufflot】

1713‐80
フランスの建築家。オーセール近郊のイランシーIrancy生れ。ローマのフランス・アカデミーで古典建築を学ぶ。帰国後リヨンでオテル・デュー(1755)などの公共建築を多く手がけて名声を博し,パリに招かれてサント・ジュヌビエーブ教会(1790。現,パンテオン)などを設計。ローマ滞在中に知ったピラネージを中心とする新古典主義の影響を受け,古典建築の厳正さに奔放な精神を加味したフランス新古典主義建築を生み出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スフロ【Jacques-Germain Soufflot】

1713~1780) フランスの建築家。フランス王室建築総監督。古典主義の代表作、パリのサント-ジュヌビエーブ聖堂などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android