コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベリヒユ科 スベリヒユかPortulacaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スベリヒユ科
スベリヒユか
Portulacaceae

双子葉植物アカザ目の1科。世界に広く分布するが,特に北アメリカと南アフリカに集中し,約 19属 500種が知られる。多くは一年草または多年草で多肉になるが,小低木になるものもある。葉は対生または互生し,茎と同様に多肉になることが多い。花は放射相称両性花で,普通,2個の萼片,5枚の花弁,多数のおしべ,そして子房からなる。子房は3~5個の心皮からなり,内部は1室で,2ないし多数の胚珠を含む。果実は蒴果で,縦裂または横に裂開する。ヌマハコベ Montia,スベリヒユ Portulaca,ハゼラン Talinumなどの諸属が知られ,そのなかにはマツバボタン (松葉牡丹) など園芸植物として親しまれているものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スベリヒユ科
すべりひゆか
[学]Portulacaceae

双子葉植物、離弁花類。多肉の草で、まれに小低木になる。葉は互生または対生する。托葉(たくよう)は膜質で、毛状になるものもある。花は両性で放射相称。花被(かひ)片は4~5枚、花弁様で離生または基部が癒合する。雄しべも同数のものが多い。子房は上位。果実は膜質、2、3片縦に裂開するか、横に裂けて蓋(ふた)がとれる。種子は小形で多数ある。世界に19属約580種あり、おもにアメリカ大陸に分布する。日本にはスベリヒユ属とヌマハコベ属の2属各1種が分布する。南アメリカ原産のマツバボタンはスベリヒユ属で、多くの園芸品種がある。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスベリヒユ科の言及

【多肉植物】より

…熱帯を中心に世界各地の乾燥地域で進化した50科8000種以上の大群である。系統的にはまったく異なった植物群で,独立的に多肉化が起こっていて,ほぼ全種が多肉植物で構成される代表的な科には,ベンケイソウ科(35属1300種),ツルナ科(リトープス属Lithops,マツバギク属Lampranthusなど130属2000種),スベリヒユ科(アナカムプセロス属Anacampseros50種,スベリヒユ属Portulaca30種,レビシア属Lewisia20種など16属500種),ディディエレア科(ディディエレア属Didierea2種,アルアウディア属Alluaudia6種など4属11種)がある。科か属の大多数あるいは一部が多肉植物であるものには,ガガイモ科のスタペリア類(スタペリア属Stapelia,カラルマ属Caralluma,ホオディア属Hoodia,トリコカウロン属Trichocaulon),セロペギア属Ceropegia,サクララン属Hoyaなど28属700種,ユリ科のアロエ類(アロエ属Aloe,ハウォルティア属Haworthia,ガステリア属Gasteriaなど),トウダイグサ科のユーフォルビアEuphorbia(多肉種500種),モナデニウム属Monadenium(50種),ヤトロファ(ナンヨウアブラギリ)属Jatropha(10種),リュウゼツラン科のリュウゼツラン属Agave(300種),トックリラン属Nolina(25種),ユッカ(キミガヨラン)属Yucca(60種)など7属485種,キョウチクトウ科のパキポジウム属Pachypodium(20種),アデニウム属Adenium(12種),キク科の多肉セネシオ類(80種),オトンナ属Othonna(40種),ブドウ科のシッサス属Cissus(15種),コショウ科のペペロミア属Peperomia(100種以上),アカザ科のアッケシソウ属Salicornia(30種),フウロソウ科のサルコカウロン属Sarcocaulon(12種),トケイソウ科のアデニア属Adenia(20種),ウリ科のクセロシキオス属Xerosicyos(2種),フォウキエリア科の観峰玉(かんぽうぎよく)Idria columnaris Kellog.などがある。…

※「スベリヒユ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スベリヒユ科の関連キーワードスベリヒユ(滑ひゆ)ビタールート山脈カランドリニアポーチュラカイチョウボク亜米利加草スベリヒユレウィシア日向草日和草日照草岩牡丹沼繁蔞立滑莧馬歯莧日中花花甘藍花松菜馬歯草裂開果

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android