コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スライマン山脈 スライマンさんみゃく Sulaimān Range

3件 の用語解説(スライマン山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スライマン山脈
スライマンさんみゃく
Sulaimān Range

パキスタン中央西部,グマル峠からジャコババード北方へほぼ南北に延びる山脈。全長 450km。北部は水成岩から成る砂質土,南部は石灰岩または大理石から成る。北部が高く,南に下るにつれて低くなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スライマンさんみゃく【スライマン山脈】

〔Sulaiman Range〕 パキスタン、インダス川西部を南北に走る新期褶曲山脈。北部にカイバル峠がある。長さ約450キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スライマン山脈
すらいまんさんみゃく
Sulaiman Range

パキスタン中央部、パンジャーブ平原とバルーチスターン地方の境界を南北に走る山脈。スレイマン山脈ともいう。全長約450キロメートル。平均1830~2145メートルの標高をもち、白亜紀し鮮新世の石灰岩、砂岩からなる。北端にタクティ・スライマン山(3441メートル)があり、南端はブグティ丘陵となる。山脈の東は急斜面をなし、西はソブ川でトバ・カカル山脈に接する。山脈の間には褶曲(しゅうきょく)軸に沿ってソブ、ベジなどの盆地がある。乾燥地帯で、マツ、カシワ、オリーブなどが生育し、住民の多くは牧畜を営む。[成瀬敏郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スライマン山脈の関連キーワードイスラム神秘主義《Coplas por la muerte de su padre》《Kitāb al-Manṣūrī》suṣmnāśūnyaShāh ManṣūrSerrano Suñer,R.Reuter's U.K.Commodity Indexuṣūl八道説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone