コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スロアーガ

百科事典マイペディアの解説

スロアーガ

スペインの画家。バスク地方のギプスコア県生れ。イタリアとフランスに遊学し,印象派の影響を受けた。のちグレコベラスケスを研究して新様式を見いだし,ゴヤ以来とだえていたスペイン絵画の伝統を復活させ,暗い色調でスペインの風景や地方風俗を描いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スロアーガ【Ignacio Zuloaga y Zabaleta】

1870‐1945
スペインの画家。バスク地方ギプスコア県エイバルに生まれ,ローマ,パリ,スペイン各地に居住,マドリードで没した。ソローリャと共に,19世紀スペイン絵画の存在を,世界に知らしめた。若くして,エネルギッシュで男性的な様式を確立,スペインとくにアンダルシアカスティリャの特徴的な人物や風習を主題とし,ときにはグロテスクな対象をも激しくしかも暗い色調で描いた。伝説的な〈黒いスペイン〉を鋭くえぐる彼の作品は,ヨーロッパのみならずアメリカ,中南米でも高く評価された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

スロアーガの関連キーワードスペイン美術ソラーナ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android