コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンプ法 スンプホウ

デジタル大辞泉の解説

スンプ‐ほう〔‐ハフ〕【スンプ法】

切片にすることが困難な試料にセルロイドの薄膜などを押し当て、その表面の形状を写し取って顕微鏡で観察する方法。鈴木式万能顕微印画法(Suzuki's Universal Micro Printing)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スンプ法【スンプほう】

プレパラート作製の一方法。物体の表面の観察に用いられる。適当な溶剤で表面を柔らかくしたセルロイド板に被検物を圧着し,乾燥後これを取り除く。セルロイド板上には被検物の表面構造が転写されて残る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スンプ法
すんぷほう

鈴木式万能顕微印画法(Suzuki's Universal Micro Printing)の略で、顕微鏡観察用の標本をつくる際の一方法である。材料の形状などにより2種の異なる方法が用いられる。(1)薄板法。植物の葉の表面の気孔、人の皮膚など、材料の表面にセルロイドのスンプ板が密着させられる場合に用いる。セルロイド板の表面にスンプ薄板法用液(酢酸アミルエステル)を塗り、これを材料の上にはりつける。数分後、セルロイドが乾燥したらゆっくりとはぎ取り、これをスンプ台板にはり、顕微鏡で観察する。(2)被膜法。小さい昆虫、植物の種子の表面など、立体的な形の表面を観察する場合に用いる。濃い被膜法用液(セルロイドを溶媒に溶かしたもの)を材料表面に直接塗り、約2時間放置して乾いたらはがす。これはセミの脱け殻のようなものなので、適当に切断してガラス板に挟んで観察する。表面にカビが生えないようにホルマリンの1%液を塗っておくとよい。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android