コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スールト Soult, Nicolas-Jean de Dieu, Duc de Dalmatie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スールト
Soult, Nicolas-Jean de Dieu, Duc de Dalmatie

[生]1769.3.29. サンタマンラバスティド
[没]1851.11.26. サンタマンスール
フランスの軍人。スルトとも表記される。 1785年フランス歩兵隊に志願し,フランス革命時は曹長であった。その後,将校に登用され,94年のフルリュスの戦いの戦功で将官となる。 99年チューリヒの戦いで副司令官として名を揚げ,フランス軍のなかで最も注目される将官となった。 1804年元帥。 05年にはウルムの戦い,アウステルリッツの戦いで戦功を立て,「ヨーロッパの戦術家」といわれた。 06年のイエナの戦い,07年アイラウとハイルスベルクの戦いに参加,ティルジット条約後,ダルマチア公爵となる。 08~14年半島戦争でフランス軍を指揮。ナポレオン1世が退位すると王党に加わり陸相となったが,「百日天下」の間,またナポレオンにつき,ワーテルロー戦いでは参謀長をつとめた。その後,一時,国外に亡命したが,帰国後 32~34,39~40,40~47年の3回陸相となった。王政が倒れると,共和派を名のった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スールトの関連キーワードアウステルリッツゴビ砂漠ギゾー戦功将官

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android