セキュリティホール(読み)せきゅりてぃほーる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

セキュリティホール

OSやアプリケーションネットワーク機器のセキュリティ上の欠陥。設計上のミスや他の目的で作られた仕様を悪用することで不正使用などを可能にしてしまう弱点を指す。セキュリティホールは、設計・構造的な不備といえるが、サービスやアプリケーションの利便性の副作用でもある。セキュリティの専門家は「脆弱性」と呼ぶことが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

セキュリティホール

バグや設定ミス、ユーザーの操作などが原因でプログラムに生じる、セキュリティ上の抜け穴(ホール)となる弱点のことです。本来ならできないことが可能になるため、ウイルスが感染するのに利用したりします。ウィンドウズの自動更新で提供される修正プログラムは、セキュリティホールを直すものがほとんどです。
⇨脆弱性、セキュリティ、バグ、不正アクセス

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ホームページ制作用語集の解説

セキュリティホール

セキュリティホール(security hole)とは、ソフトウェアの設計ミス等によって生じた、セキュリティの問題となり得る弱点。本来操作できないはずの操作(権限のないユーザが権限を超えた操作を実行するなど)ができてしまったり、情報の改ざん、機密データの漏洩のような不具合をいう。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セキュリティホール
せきゅりてぃほーる
security hole

コンピュータのセキュリティ上、問題となりそうなソフトウェアの欠陥のこと。オペレーティングシステム(OS)やブラウザーなどの不具合、設計上のミスなどを安全上の穴security holeとして表している。セキュリティホールが放置された状態でコンピュータを利用していると、この欠陥を悪用されて問題となることもある。とくにインターネットに接続してコンピュータを利用している場合は、外部からの侵入を許してデータの改ざんや流出をまねいたり、ウイルスプログラムによりコンピュータ内が動作不能になったりといった重大な事態が生ずる。
 セキュリティホールをふさぐには、OSやソフトウェアのアップデートが必要であるが、通常は開発元のソフトウェアメーカーからパッチとよばれる修正プログラムとして無償提供される。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android