セグロウミヘビ(英語表記)Pelamis platurus; pelagic sea snake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セグロウミヘビ
Pelamis platurus; pelagic sea snake

トカゲ目ウミヘビ科。体長 60~80cm。体の背面は黒色,腹面は黄色であるが,色彩や斑紋の様子に変異が大きい。腹面の鱗は退化して陸上を歩くのに役立たず,尾が鰭状に変形している。海洋での生活に最もよく適応したヘビで,繁殖時にも上陸することはない。卵胎生。溝のある毒牙をもち,神経毒を出す。太平洋とインド洋の暖海域に広く分布し,暖流に乗って日本内地の沿岸にもよく現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セグロウミヘビ
せぐろうみへび / 背黒海蛇
yellow-bellied sea snake
[学]Pelamis platurus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目コブラ科のヘビ。同科ウミヘビ亜科に属する海洋性の毒ヘビ。遊泳力が優れウミヘビ類ではもっとも広範囲に分布し、太平洋、インド洋に広く及んでいる。全長70~110センチメートル。日本沿岸でも各地で採集され、出雲(いずも)地方では本種を「竜神さま」として神前に奉納し、家庭の神棚にも祀(まつ)る。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセグロウミヘビの言及

【ウミヘビ(海蛇)】より

…海洋生活に適応した形態で,頭部は小さく,胴は後方ほど側扁して尾はひれ状となる。鼻孔は頭頂部に開口し,腹板は退化して幅狭く,セグロウミヘビPelamis platurus(全長1m)(イラスト)のようにほとんど他の体鱗と大きさが変わらない種類もある。セグロウミヘビは海洋生活にもっとも適応した1種で,遊泳力が優れ,東アフリカ沿岸からメキシコ太平洋岸まで広範囲に分布している。…

※「セグロウミヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セグロウミヘビの関連情報