セッケイカワゲラ(読み)せっけいかわげら

日本大百科全書(ニッポニカ)「セッケイカワゲラ」の解説

セッケイカワゲラ
せっけいかわげら / 雪渓襀翅
[学] Eocapnia nivalis

昆虫カワゲラ目クロカワゲラ科に属する昆虫。近畿地方北部から東北地方中部に分布し、早春雪上にみられる。高山の雪渓上では夏季でもみられ、セッケイムシの名もある。体長10ミリメートル前後、黒色の細長い昆虫で、雌雄ともはねがない。腹端には細長い尾毛が1対ある。幼虫水中生活をする。外国産の種属には、幼虫が夏に夏眠することが報告されているが、日本産の種についてはまだ報告がない。日本には本種のほかに本属では2種が知られており、近似の別属セッケイカワゲラモドキ属Allocapniellaに5種が知られる。

[川合禎次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「セッケイカワゲラ」の解説

セッケイカワゲラ

セッケイムシとも。カワゲラ目クロカワゲラ科の昆虫の1種。体長10mm内外,黒色で無翅。冬〜早春に積雪上に現れ,他の微小昆虫などを捕食する。北海道〜本州の積雪地方に分布するが,高山の雪渓上には夏に出現するのでこの名がある。幼虫は渓流の水中にすむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「セッケイカワゲラ」の解説

セッケイカワゲラ【Eocapnia nivalis】

カワゲラ目クロカワゲラ科の昆虫。雪上で生活する体長約10mm,黒色無翅のカワゲラで,古くから登山者によってセッケイムシ(雪渓虫)の名で親しまれている。一般に1月から早春にかけて雪上に見られ,とくに晴れた日の早朝に見られることが多い。本州中北部の高山では,雪渓上や残雪上に夏季でも見られることがある。幼虫は渓流に生息するが,その生活史についてはほとんど知られていない。本州に広く分布するが,北陸地方など中部地方以北に多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android