セバスティアン(英語表記)Sebastião

世界大百科事典 第2版の解説

セバスティアン【Sebastião】

1554‐78
ポルトガル王。在位1557‐78年。ジョアン3世の孫。父ドン・ジョアンの死後に生まれ,3歳で即位した。1568年の親政まで,祖母でスペイン王フェリペ2世の妹のドナ・カタリナ,大叔父のエンリケ枢機卿が摂政に就いた。狂信的なカトリック教育を受け,親政後はジョアン3世が放棄したモロッコに対する十字軍戦争を計画した。側近の反対にもかかわらず,78年モロッコの内紛に乗じて大軍を率いて北アフリカに上陸した。しかし,セバスティアンの無謀な作戦でポルトガル軍はアルカサル・キビルで壊滅し,国王自身も行方不明となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

セバスティアン

生年月日:1554年1月20日
ポルトガル王(1557〜78)
1578年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のセバスティアンの言及

【ポルトガル】より

…海外領ではキリスト教布教に尽力しヨーロッパ文明の伝播者となったイエズス会も,国内では自由と寛容の精神を圧迫し始めていた。 1557年ジョアン3世の死後,幼いセバスティアンが即位するとスペイン王室の影響が強まり,経済的にも東洋交易に不可欠な銀をスペインに依存するようになった。78年セバスティアンが無謀なモロッコ侵略戦争で戦死して2年後の80年,ポルトガル王位は,ジョアン3世の妹を母に,同じくジョアン3世の娘マリアを妻にもつスペイン王フェリペ2世の手に渡った。…

【ラゴス】より

…同港から出航したジル・エアネスの艦隊は,1434年当時の〈地の果て〉ボジャドール岬を初めて南下した。ドン・セバスティアンが1578年モロッコのアルカサル・キビルを攻略したときも同港を拠点とした。近年は地の利を生かした観光開発が著しく,漁港としても重要である。…

※「セバスティアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セバスティアンの関連情報