コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セメント質 セメントしつcementum

翻訳|cementum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セメント質
セメントしつ
cementum

歯の歯根部の象牙質をおおう薄い硬組織根膜を介して歯槽骨との間を結ぶ歯根膜線維(シャーピー線維)により,歯を歯槽内に固定している。歯肉と歯槽骨縁が退縮して歯根が露出すると,セメント質からも,う蝕(虫歯)が発生する。慢性根尖性歯周炎や外傷などの刺激でセメント質が肥厚していることがあり,抜歯困難の原因になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

セメント質

 歯を構成する硬組織の一つ.歯根周囲の象牙質を覆う組織.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

セメントしつ【セメント質】

哺乳類の歯根の表面をおおう薄い硬組織。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セメント質
せめんとしつ

歯根の表面を覆う石灰化組織をいう。歯根膜の線維が付着しており、歯を歯槽骨内に保持するのに重要な役割を果たす。無機質成分量は40%で、象牙質(ぞうげしつ)より軟らかい。[村井正昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセメント質の言及

【歯】より

… 第2はその他すべての脊椎動物,つまり顎骨(がくこつ)を備えた顎口類にみられるリン酸カルシウム質の歯で,真の歯ともいうべきものである。これは中心部にある歯髄,主体をなす象牙質,歯冠表面のエナメル質,および哺乳類の歯根表面にあるセメント質という4種の組織からなる特異な器官で,発生学的には歯髄,象牙質,セメント質は真皮を母体とし,エナメル質は口腔上皮を母体として形成される。エナメル質は鉱物質の結晶のかたまりで,生体中で最も硬度の高い組織であるが,他の3組織は生活組織である。…

※「セメント質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セメント質の関連キーワード歯と歯肉のしくみとはたらき歯垢(プラーク)と歯石エプーリス(歯肉腫)歯周病(歯槽膿漏)セメント芽細胞メリキップス歯周ポケットう(齲)歯GTR法歯科治療歯の破折歯周疾患歯根膜炎顎歯指数歯周症イルカ歯牙腫哺乳類器官歯牙

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セメント質の関連情報