コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリミエ・モスク Selimiye Cami

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セリミエ・モスク
Selimiye Cami

オスマン帝国セリム2世の命を受け,1569年から 1575年にかけて建築家ミマール・シナンによってトルコエディルネに建設されたモスク八角形のプランの上に直径 32mの大ドームを戴き,前面には柱廊で囲まれた中庭をもつ。ドームを囲んで四隅にそびえるミナレットは太さ 7.5m,高さは 85mに及ぶ。全体はキュリエの建造物に取り巻かれている。ドームには 40の開口部があるなど,礼拝室は光に満ちあふれている。2011年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android