コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリミエ・モスク セリミエ・モスクSelimiye Cami

1件 の用語解説(セリミエ・モスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セリミエ・モスク
Selimiye Cami

オスマン帝国のセリム2世の命を受け,1569年から 1575年にかけて建築家ミマール・シナンによってトルコエディルネに建設されたモスク。八角形のプランの上に直径 32mの大ドームを戴き,前面には柱廊で囲まれた中庭をもつ。ドームを囲んで四隅にそびえるミナレットは太さ 7.5m,高さは 85mに及ぶ。全体はキュリエの建造物に取り巻かれている。ドームには 40の開口部があるなど,礼拝室は光に満ちあふれている。2011年世界遺産文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone