セルゲーイ トルベツコーイ(英語表記)Sergey Nikolayevich Trubetskoy

20世紀西洋人名事典の解説


1862.8.4 - 1905.10.12
ソ連の宗教哲学者,歴史家。
元・モスクワ大学学長。
ロシア出身。
ウラジーミル・ソロビヨフの後継者で、彼の「全一哲学」を発展させ「具体的観念論」と呼ばれる学説提唱学位論文「古代ギリシャの形而上学」(1890年)で哲学者、歴史学者としての地位確立、またドイツ留学時はA.ハルナックと親交を持ち、「歴史におけるロゴス論」(1900年)の執筆や雑誌「哲学と心理学の諸問題」の編集にたずさわる。1900年モスクワ大学哲学教授となり、’05年学長に任命されるが同年43才の若さで死去

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android