コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレーニ Sereni, Vittorio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレーニ
Sereni, Vittorio

[生]1913.7.27. バレーゼ
[没]1983.2.10. ミラノ
イタリアの詩人。エルメティズモの最後の詩人ともいわれる。第2次世界大戦中にはトラパニ近郊でアメリカ軍に捕えられ,オラーノの収容所で2年間を過した。主著『国境線』 Frontiera (1941) ,『人間の手先』 Gli strumenti umani (65) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

セレーニ【Vittorio Sereni】

1913~1983) イタリアの詩人。感情を抑制した端正な抒情詩は錬金術主義(エルメティズモ)最良の成果とされる。詩集「国境」「アルジェリア日記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セレーニ
せれーに
Vittorio Sereni
(1913―1983)

イタリアの詩人。ファシズム体制下に、スイスと境を接する故郷ロンバルディア地方の風物や追憶を静かな語り口で日記のように綴(つづ)った詩集『国境』(1941、改題増補版『詩集』1942)でデビュー。召集されて、第二次世界大戦に参戦。シチリアで連合軍捕虜となり、アルジェリアやモロッコに収容された体験は『アルジェリア日記』(1947)として結実。暴力や戦争に安易に屈すまいとする同時代の民衆の心を代弁する作品。ほかに激動する時代のなかで揺れ動く人間の姿を描いた『人間器械』(1965)、バレリーやパウンドの優れた翻訳もある。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セレーニの関連キーワードアルジェリア7月27日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android