コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セロビオース cellobiose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セロビオース
cellobiose

化学式 C12H22O11 。セルロースの酸性加水分解によって得られる β-D- グルコピラノース2分子が 1,4-β- グルコシド結合した糖。セルロースの基本構造をもち,天然には産出しない。還元性を示す。無色結晶。融点 225℃ (分解) 。変旋光を示す (水中で [α]D=+14°→+35° ) 。木綿などのセルロース無水酢酸と濃硫酸を加えて,セロビオースオクタアセテートに変え,これをアルカリで鹸化してつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

セロビオース

 C12H22O11 (mw342.30).

 セロースともいう.Glc β1→4Glc.非消化性の二糖.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

セロビオースの関連キーワードフォスフォリラーゼグルコピラノースセルラーゼ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android