セントラルリーグ

精選版 日本国語大辞典 「セントラルリーグ」の意味・読み・例文・類語

セントラル‐リーグ

(Central League) 日本プロ野球リーグ一つセントラル野球連盟正称。昭和二四年(一九四九結成。現在、六球団が所属する。セ‐リーグ。セントラル。⇔パシフィックリーグ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「セントラルリーグ」の意味・読み・例文・類語

セントラル‐リーグ(Central League)

日本のプロ野球リーグの一。昭和24年(1949)に結成され、現在6球団が加盟。正称はセントラル野球連盟。セリーグ。→パシフィックリーグ
[補説]中日ドラゴンズ東京ヤクルトスワローズ阪神タイガース広島東洋カープ横浜DeNAベイスターズ読売ジャイアンツの6球団。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「セントラルリーグ」の意味・わかりやすい解説

セントラルリーグ

日本のプロ野球を構成する二つのリーグの一つ(→日本プロフェッショナル野球組織)。正式名称はセントラル野球連盟。セ・リーグと略称される。1949年の日本野球連盟の解体によりパシフィックリーグとともに誕生,翌 1950年から読売ジャイアンツ,大阪タイガース,中日ドラゴンズ,松竹ロビンスの既存 4チームに,大洋ホエールズ国鉄スワローズ広島カープ,西日本パイレーツが加わった 8チームでリーグ戦を開始した。2012年現在,読売ジャイアンツ,阪神タイガース,広島東洋カープ,東京ヤクルトスワローズ,横浜DeNAベイスターズ,中日ドラゴンズの 6チーム。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android