コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江藤慎一 エトウシンイチ

デジタル大辞泉の解説

えとう‐しんいち【江藤慎一】

[1937~2008]プロ野球選手・監督。熊本の生まれ。昭和34年(1959)中日に入団。昭和39年(1964)から2年連続で首位打者を獲得。ロッテ移籍後の昭和46年(1971)にも首位打者となり、プロ野球初の、セ・パ両リーグで首位打者を獲得した選手となる。大洋(横浜DeNA前身)を経て、昭和50年(1975)には太平洋クラブ(西武の前身)で選手兼任監督として活躍した。通算2057安打。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

江藤慎一【えとうしんいち】

プロ野球選手。外野手。熊本県出身。熊本商業高校卒業後,社会人野球を経て,1959年にセントラル・リーグ中日ドラゴンズに入団。1964年から2年連続で首位打者となる。その後,パシフィック・リーグロッテオリオンズに移籍し,1971年に首位打者となり,史上初のセ・パ両リーグ首位打者となった。1971年セリーグの大洋ホエールズに移籍,1975年からはパリーグ太平洋クラブライオンズで選手兼任監督を務め,1976年ロッテに戻り,その年で現役引退。現役18年間で2084試合に出場し,通算で2057安打,368本塁打,1189打点。そのファイトあふれるプレースタイルから〈闘将〉と呼ばれた。セ・パ両リーグの12球団から本塁打を放ったことでも知られる。2010年に野球殿堂(でんどう)入り。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江藤慎一 えとう-しんいち

1937-2008 昭和時代後期のプロ野球選手,監督。
昭和12年10月6日生まれ。ノンプロの日鉄二瀬で活躍し,昭和34年中日に入団。外野と一塁をまもり,39年,40年連続首位打者。ロッテにうつった翌46年首位打者となり,史上初のセ・パ両リーグ首位打者を達成した。実働18年,通算2057安打,2割8分7厘,367本塁打。50年太平洋監督。のち少年野球の指導にあたり,江藤野球塾を設立。平成20年2月28日死去。70歳。熊本県出身。熊本商卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江藤慎一の関連キーワードマキノ雅広日本電信電話(株)山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児採石業登録記念物アレクサンドル オベチキン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江藤慎一の関連情報