セーブルアンテロープ(英語表記)Hippotragus niger; sable antelope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偶蹄目ウシ科。体高 1.3m内外。体の背面が黒あるいは黒褐色で,顔の一部や四肢の内側などが白色の大型のアンテロープたてがみがあり,雌雄とも頭の後方へ湾曲した長い角をもつ。アフリカのケニアから南アフリカ共和国トランスバールの森林地帯に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。アンテロープとよばれる一群のうち、オリックス亜科に属し、アフリカ南東部に分布する。同じ属のローンアンテロープが開けた草原を好むのに対し、本種は丘陵地の林、低木の針葉落葉混交林、深い草原などにすみ分け的に生活する。肩高1.3~1.38メートル、体重200~250キログラム。角(つの)は雌雄にあり、雄のは長大で長さ173センチメートルに達する。普通8~20頭、ときに80頭以上の群れで暮らし、群れはリーダーの雄と多くの雌と子から構成される。朝と夕におもに草を食べ、夕方には毎日水場を訪れる。妊娠期間は約270日で、乾期の終わりごろの1~2月に1子を産むものが多い。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のセーブルアンテロープの言及

【レイヨウ(羚羊)】より

…体は白色や淡黄褐色などで,鼻づらや目のあたりに黒色または褐色の斑紋がある。アフリカからアラビアの乾燥地帯に分布し,絶滅が心配されているアラビアオリックスOryx leucoryxなどのオリックス属,古代エジプト人によって半家畜として飼育されたことのあるアダックスAddax nasomaculatus,もっともみごとなレイヨウといわれるセーブルアンテロープHippotragus nigerなど3属7種がある。(4)リードバック亜科Reduncinae 中型ないし大型で,角は雌になく,尾は中位の長さで先端の房毛はふつうない。…

※「セーブルアンテロープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android