コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソクラテス以前 ソクラテスいぜんPre-Socratic (philosophers)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソクラテス以前
ソクラテスいぜん
Pre-Socratic (philosophers)

最初期ギリシア哲学 (おおよそ前 600~400) に属する哲学者たちを一括してさす呼称。ソクラテスが自然の研究から倫理学的なものへ哲学の方向を転じたという考え方はすでに古代の哲学史に広くみられるが,それによってソクラテス以前の哲学者たちが一つのまとまりとしてとらえられる。彼らの共通点は,世界およびその内部で働く力の起源と現状を合理的に説明しようとしたことである (ただし,パルメニデスエレア派は,自然界でなく,存在一般を問題とした) 。ミレトス学派 (タレス,アナクシマンドロスアナクシメネス) ,クセノファネス,パルメニデス,ヘラクレイトス,ピタゴラス派,エンペドクレスアナクサゴラス,レウキッポス,デモクリトス,エレア派のゼノン,メリッソス,ゴルギアスらが含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソクラテス以前の関連キーワードギリシア哲学史(年表)ハルマン ディールステオフラストスシンプリキオスギリシア文学イオニア学派エレア学派社会思想史ディールス鈴木幹也自然哲学ミュトス多元論小宇宙

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android