コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日米加漁業条約 にちべいかぎょぎょうじょうやく

3件 の用語解説(日米加漁業条約の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日米加漁業条約【にちべいかぎょぎょうじょうやく】

西経175°以東の北太平洋での漁業に関する日本・米国・カナダ間の条約。1952年締結。日本は同水域のサケ・マス,米加沿岸沖合のオヒョウ・ニシンなどの漁獲を自発的抑止という形で禁じられた。
→関連項目漁業サケ・マス漁業日米漁業交渉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にちべいかぎょぎょうじょうやく【日米加漁業条約】

1952年5月に日本,アメリカ,カナダの間で調印された〈北太平洋の公海漁業に関する国際条約International Convention for the High Seas Fisheries of the North Pacific Ocean〉の通称。日米加三国漁業条約あるいは北太平洋漁業条約呼ばれることもある。第2次大戦後,日本の漁業はいわゆるマッカーサーラインによってその活動の範囲を日本周辺の海域に制限された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日米加漁業条約
にちべいかぎょぎょうじょうやく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日米加漁業条約の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカ杉アメリカナイズアメリカ撫子アメリカンカナダ藻カナダ雁静かなアメリカ人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone