コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソビエツク Sovetsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソビエツク
Sovetsk

ロシア西端部,カリーニングラード州の都市。州都カリーニングラードの東北東約 100km,リトアニアとの国境をなすネマン川にのぞむ河港都市。 1288年ドイツ騎士団により建設された。 1945年までのドイツ領時代にはティルジット Tilsitと呼ばれ,ティルジット条約 (1807) が結ばれた地として知られる。パルプ・製紙,家具,靴下,食肉加工などの工業がある。鉄道分岐点で,ラトビアの首都リガとカリーニングラードを結ぶハイウェーが通る。人口4万 2300 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ソビエツク

ロシア連邦の飛び地,カリーニングラード州の都市。ドイツ名ティルジットTilsit。ネマン(ネムナス)川河口の港湾都市。製紙,船舶修理,家具などの工場がある。1288年創建のドイツ騎士修道会の城を中心に発展,長くドイツ領であったが,第2次大戦後ソ連領。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ソビエツクの関連キーワードウィーヘルト(Johann Emil Wiechert)タンジェリン・ドリームネマン[川]ビャトカ川ロシア連邦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android