コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソモサ・ガルシア ソモサ・ガルシア Somoza García, Anastasio

2件 の用語解説(ソモサ・ガルシアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソモサ・ガルシア
ソモサ・ガルシア
Somoza García, Anastasio

[生]1896.2.1. サンマルコス
[没]1956.9.29. パナマアンコン
ニカラグアの軍人,政治家。 J.サカサ政権期の国家警察軍長官を経て,1937年大統領に就任。親アメリカ政策をとり 20年間ニカラグアを独裁的に支配したが,56年暗殺された。その後もソモサ一族の事実上の独裁が 79年の内戦まで続いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソモサ・ガルシア
そもさがるしあ
Anastasio Somoza Garca
(1896―1956)

ニカラグアの政治家。サン・マルコスの生まれ。1926年の自由党の反乱に参加し、1932年にはアメリカ政府が設置した国家警備隊の長官となり、1936年にクーデターで政府を倒し、翌1937年大統領に就任(~1947)。その後ふたたび大統領となったが(1950~1956)、大統領の地位につかなかった期間も国家警備隊を権力の基盤として実権を握っていた。「ソモサ王朝」とよばれる一族による強大な権力を築き、アメリカ政府に忠実な独裁者として君臨した。1956年暗殺された。[加茂雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソモサ・ガルシアの関連キーワード散漫サンマルコ寺院フェルディナンドEマルコスさんまるサンマルクカフェサンマルティーノベーカリーレストラン サンマルクサン・マルコサン・マルコス大学サン・マルコス砦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone