コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソモサ・ガルシア ソモサ・ガルシアSomoza García, Anastasio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソモサ・ガルシア
Somoza García, Anastasio

[生]1896.2.1. サンマルコス
[没]1956.9.29. パナマ,アンコン
ニカラグアの軍人,政治家。 J.サカサ政権期の国家警察軍長官を経て,1937年大統領に就任。親アメリカ政策をとり 20年間ニカラグアを独裁的に支配したが,56年暗殺された。その後もソモサ一族の事実上の独裁が 79年の内戦まで続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソモサ・ガルシア
そもさがるしあ
Anastasio Somoza Garca
(1896―1956)

ニカラグアの政治家。サン・マルコスの生まれ。1926年の自由党の反乱に参加し、1932年にはアメリカ政府が設置した国家警備隊の長官となり、1936年にクーデターで政府を倒し、翌1937年大統領に就任(~1947)。その後ふたたび大統領となったが(1950~1956)、大統領の地位につかなかった期間も国家警備隊を権力の基盤として実権を握っていた。「ソモサ王朝」とよばれる一族による強大な権力を築き、アメリカ政府に忠実な独裁者として君臨した。1956年暗殺された。[加茂雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソモサ・ガルシアの関連キーワードアナスタジオ ソモサ・デバイレルイス ソモサ・デバイレソモサ[家]チャモロ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android