コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルダーティ Soldati, Mario

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソルダーティ
Soldati, Mario

[生]1906.11.17. トリノ
[没]1999.6.19. テッラロ
イタリアの小説家,映画監督。トリノ大学を卒業後,アメリカのコロンビア大学に留学 (1929~31) 。英米文学の研究,映画製作にたずさわるかたわら,カトリック道徳を基盤に小説を発表。主著『イタリアへの逃走』 La Fuga in Italia (46) ,『カプリからの手紙』 Le Lettere da Capri (54) ,『オレンジ色の封筒』 La Busta arancione (66) ,『映画監督』 Un regista al cinema (73) 。監督作品としては『昔の小世界』 Piccolo mondo antico (40) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソルダーティ
そるだーてぃ
Mario Soldati
(1906―1999)

イタリアの小説家、映画監督、ジャーナリスト。トリノ生まれ。アメリカ留学の優れたルポルタージュ『アメリカ、初恋』(1935)で本格的な文筆活動を開始し、ネオレアリズモ文学とは一線を画した独自の作風で人気作家となる。早くから映画界に入って映画脚本を手がけ、監督としてはフォガッツァーロ、グレアム・グリーンらの小説の映画化で豊かな才能を示した。日本には『河の女』(1955)が紹介されている。文学作品では小説『カプリ島からの手紙』(1954)、『短編集 1927~1947』(1961)が有名。[林 和宏]

資料 監督作品一覧

O・K・ネロ O. K. Nerone(1951)
黒海賊の娘ヨランダ Jolanda la figlia del corsaro nero(1952)
河の女 La donna del fiume(1955)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソルダーティの関連キーワード児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android