コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイパン Oxyuranus scutellatus; taipan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイパン
Oxyuranus scutellatus; taipan

トカゲ目コブラ科。体長 3mに達する大型の毒ヘビで,オーストラリアの北部および北東部に分布し,きわめて危険なものとみなされている。背面は一様に褐色で,頭部あるいはその一部が黄白色,腹面は黄白色で橙黄色の斑紋をそなえている。おもに疎林にすみ,昼行性で,小哺乳類を捕食する。卵生で,一腹の卵数は3~20個。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイパン
たいぱん
taipan
[学]Oxyuranus scutellatus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目コブラ科のヘビ。同科タイパン亜科に属し、世界でもっとも危険な毒ヘビの一つとされる。オーストラリアのクイーンズランド州北東部およびメルビル島を含むアーネム・ランドに分布し、パプア・ニューギニア南部には亜種のパプアタイパンO. s. canniが分布する。大形で全長2~3.6メートル。頭部は大きくて長く、頸部(けいぶ)がくびれる。胴は細長く、体鱗には顕著な隆条があって背中線上の体鱗列が隆起する。平地から山地の森林に生息し個体数は多くないが、毒腺(どくせん)、毒牙(どくが)ともに大きく、きわめて危険。昼行性であるが、暖かい夜にも行動する。あらかじめ危険を察知すると退避するが、脅かされると攻撃してくる。行動が敏捷(びんしょう)で1回の攻撃で数か所にかみつく。毒性はタイガースネークNotechis scutatusと同じほど強く、主成分は神経毒で、毒ヘビ中もっとも強い毒の一つとされる。毒量が多く、たとえば長さ2メートルの個体から、マウス2万3000匹を殺す分量にあたる平均100グラムが採毒される。本種による咬症(こうしょう)は、血清治療なしでは致命的とされる。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタイパンの言及

【コブラ】より

…熱帯アフリカ産のクロクビコブラN.nigricollisとリンガルスHemachatus haemachatus(英名ringhals)は,特別な毒牙(どくが)のしくみにより敵の目に的確に毒を吐きかけることができるドクハキコブラ(英名spitting cobra)と呼ばれ,数mの距離を隔てても威力を発揮する。オーストラリア産コブラ類は多くは美しい小型の一群であるが,全長3~4mの大型で,もっとも攻撃的な毒ヘビとされるタイパンOxyuranus scutulatus(英名taipan)なども含まれる。ユニークな存在は,コブラでありながら形態,生態ともにマムシ類とそっくりのデスアダーAcanthophis antarcticus(英名death adder)で,“死の毒ヘビ”という名が示すとおり致命率はきわめて高い。…

※「タイパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タイパンの関連キーワードジョアン チェンバート レムゼン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android