コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカネツメクサ Minuartia arctica (Stev.) Aschers.et Graebn.var.hondoensis Ohwi

2件 の用語解説(タカネツメクサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タカネツメクサ【Minuartia arctica (Stev.) Aschers.et Graebn.var.hondoensis Ohwi】

高山の岩や礫(れき)の多い所に密生する,ナデシコ科多年草イラスト)。和名は,高山に生える鳥の爪に似た葉をもつ草という意味。根は太く,地中深く伸びる。茎は基部で頻繁に分枝をくり返し,先は立ち上がって,高さ約5cmほどの密なマットを形成する。葉は線形で長さ1cm前後,先はとがらない。7~8月,マットの上に多くの花茎を伸ばし,先に径1cm前後の花を一つずつつける。萼片は5枚で先は丸い。花弁は5枚で白色,切れ込みはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカネツメクサ
たかねつめくさ / 高嶺爪草
[学]Minuartia arctica (Stev.) Aschers. et Graebn. var. hondoensis Ohwi

ナデシコ科の多年草。茎は分枝を繰り返してマット状になり、高さ約5センチメートル。葉は線形で長さ1.5センチメートル。夏、茎頂に白色花を1個開く。果実は萼片(がくへん)より長く、浅く3裂する。東北地方から中部地方の高山の砂礫(されき)地に生える。基本変種エゾノタカネツメクサは種子の縁(へり)に小さな突起があることで区別され、北海道の高山、および北半球の寒帯に広く分布する。[三木栄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タカネツメクサの関連キーワード御蓼痒い所に手が届くがれ色丹草びらんじ二葉蘭山火口下雲庭瘤礫質岩