コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカネツメクサ Minuartia arctica (Stev.) Aschers.et Graebn.var.hondoensis Ohwi

世界大百科事典 第2版の解説

タカネツメクサ【Minuartia arctica (Stev.) Aschers.et Graebn.var.hondoensis Ohwi】

高山の岩やれき)の多い所に密生する,ナデシコ科多年草イラスト)。和名は,高山に生える鳥の爪に似たをもつ草という意味。根は太く,地中深く伸びる。茎は基部で頻繁に分枝をくり返し,先は立ち上がって,高さ約5cmほどの密なマットを形成する。葉は線形で長さ1cm前後,先はとがらない。7~8月,マットの上に多くの花茎を伸ばし,先に径1cm前後の花を一つずつつける。萼片は5枚で先は丸い。花弁は5枚で白色切れ込みはない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカネツメクサ
たかねつめくさ / 高嶺爪草
[学]Minuartia arctica (Stev.) Aschers. et Graebn. var. hondoensis Ohwi

ナデシコ科の多年草。茎は分枝を繰り返してマット状になり、高さ約5センチメートル。葉は線形で長さ1.5センチメートル。夏、茎頂に白色花を1個開く。果実は萼片(がくへん)より長く、浅く3裂する。東北地方から中部地方の高山の砂礫(されき)地に生える。基本変種エゾノタカネツメクサは種子の縁(へり)に小さな突起があることで区別され、北海道の高山、および北半球の寒帯に広く分布する。[三木栄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android