コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タケノコガイ タケノコガイ Terebra subulata; subulate auger shell

3件 の用語解説(タケノコガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タケノコガイ
タケノコガイ
Terebra subulata; subulate auger shell

軟体動物門腹足綱タケノコガイ科。殻高 15cm,殻径 2.5cm。殻は細長く,殻頂方向へ次第に細くなりとがる。その形状をタケノコに見立てたのが和名の由来である。螺層は 20階。殻表は平滑で光沢があり,黄白色地に黒色斑が体層に3列,他の螺層に2列ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タケノコガイ

タケノコガイ科の巻貝。高さ15cm,幅2.5cmに達し,細長い塔状。淡黄色の地に黒色斑が各螺層(らそう)に2列,最後の体層には3列ある。紀伊半島以南の西太平洋インド洋の浅海の砂底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タケノコガイ
たけのこがい / 筍貝・笋貝
auger shell
[学]Terebra subulata

軟体動物門腹足綱タケノコガイ科の巻き貝。紀伊半島以南の太平洋、インド洋に分布し、サンゴ礁地帯の水深10~30メートルの砂底に埋もれてすむ。殻高150ミリメートル、殻径25ミリメートルに達する細くて高い塔形で、螺層(らそう)は20階、殻表は平滑で、黄白色の地に黒斑(こくはん)列が螺層に2条、体層に3条ある。名は、形をタケノコに見立てたものである。
 近似種のウシノツノガイSubula muscariaは、分布も生息場所も本種と同じで、形も一見よく似ているが、螺層の黒斑は3条、体層に4条あり、縫合の下に螺構があるので区別できる。タケノコガイ科の貝は日本周辺には約20種を産し、殻の美しいものが多く、大形のリュウキュウタケガイOxymeris maculatusなどは観賞用や貝細工の材料にされている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タケノコガイの関連キーワード多板類頭足類軟体動物有肺類後鰓類前鰓類象水母筍貝軟体類タケノコガイ(筍貝)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone