コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タコマ・ナローズ橋 タコマナローズきょう Tacoma Narrows Bridge

1件 の用語解説(タコマ・ナローズ橋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タコマナローズきょう【タコマ・ナローズ橋 Tacoma Narrows Bridge】

アメリカ合衆国ワシントン州タコマ市近郊にあり,ワシントン州本土とオリンピック半島を隔てるピュージェット湾に架かるつり橋。1940年に建設され,853mという,当時世界第3位の長支間を誇ったが,開通後わずか4ヵ月経た11月7日,19m/sというさして強くない風速の風を受けて激しい振動を生じ崩壊した。この橋は当初から微風のもとでも振動を生ずることが認められ関心が払われていた。落橋当日もワシントン大学の研究者らが現場に赴いており,事故の経過は逐一映画に記録され,貴重な資料となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のタコマ・ナローズ橋の言及

【耐風設計】より

…(2)の被害は自励振動によるもので,ある限界風速(発振限界風速)に至って発生すると,その後風速の上昇とともに振幅がしだいに増加し,ふつうの場合,振動がおさまることはない。この種の発散的振動現象が構造物に致命的影響を及ぼすことは,1940年のタコマ・ナローズ橋の落橋事故以来技術者の注目を強く引くこととなり,現在の耐風設計でも細心の注意が必要とされる問題である。 現在,長大つり橋などの耐風安定性の検討がとくに重要な構造物に対して行われる設計の考え方では,過去の観測資料などに基づき適切な設計風速を定め,仮定した断面構成をもとに空気力係数,設計風荷重を算定して静的な応力計算を行い,仮定断面模型に対する風洞実験により計算に用いた空気力係数の妥当性を検証する。…

※「タコマ・ナローズ橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タコマ・ナローズ橋の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカレーニア山アメリカン合衆国ネブラスカ華盛頓亜米利加アメリカ連合国アメリカン・トイ・テリア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone