コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タットン塩 タットンえん Tutton’s salt

2件 の用語解説(タットン塩の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タットンえん【タットン塩 Tutton’s salt】

化学式(NH4)2SO4・MgSO4・6H2O。硫酸アンモニウムと硫酸マグネシウムとの複塩の通称。成分塩の1対1モル比混合水溶液の蒸発により得られる。1900年前後にイギリスのA.E.H.タットンがこれと同系列の塩について広範な研究を行ったので名づけられた。マグネシウムの代りに2価陽イオンの亜鉛,カドミウム,鉄,コバルト,ニッケル,アンモニウムの代りに1価陽イオンのカリウム,ルビジウム,セシウム,タリウム等がおきかわった一般式MI2SO4・MIISO4・6H2O(MI=1価陽イオン,MII=2価陽イオン)で表される塩もタットン塩と総称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タットン塩
たっとんえん
Tutton's salt

硫酸マグネシウムアンモニウム六水和物(NH4)2Mg(SO4)26H2Oをいう。ミョウバンとともに複塩の代表的な例である。ただし実際には[Mg(H2O)6]SO4(NH4)2SO4のような構造をもつ。これと構造の似た多くの同形結晶が知られている。たとえば、M2M(SO4)26H2OのM=K,(NH4),Rb,Cs,Tl、M=Mg,Zn,Cd,Mn,Fe,Co,Niなどが多く知られ、またSO42-のかわりにSeO42-,BeF42-などのものも知られている。いずれも同じ結晶形で、構造が同じなので、それらの間での完全な混晶も知られている。なお、名称は、イギリスのタットンAlfred Edwin Howard Tutton(1864―1938)が、この種の塩の研究を行ったのに由来する。またこのうち(NH4)2Fe(SO4)26H2Oはモール塩とよばれ、空気中で風解しにくく、鉄()塩としては比較的安定なので鉄()の標準溶液をつくるのに用いられる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タットン塩の関連キーワード塩化金式量化学式硫化鉄燐酸アンモニウムグラム式量焼アンモニウムミョウバン田中美代子中村裕MIKE

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone