コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タットン塩 タットンえんTutton’s salt

2件 の用語解説(タットン塩の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タットンえん【タットン塩 Tutton’s salt】

化学式(NH4)2SO4・MgSO4・6H2O。硫酸アンモニウムと硫酸マグネシウムとの複塩の通称。成分塩の1対1モル比混合水溶液の蒸発により得られる。1900年前後にイギリスのA.E.H.タットンがこれと同系列の塩について広範な研究を行ったので名づけられた。マグネシウムの代りに2価陽イオンの亜鉛,カドミウム,鉄,コバルト,ニッケル,アンモニウムの代りに1価陽イオンのカリウム,ルビジウム,セシウム,タリウム等がおきかわった一般式MI2SO4・MIISO4・6H2O(MI=1価陽イオン,MII=2価陽イオン)で表される塩もタットン塩と総称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タットン塩
たっとんえん
Tutton's salt

硫酸マグネシウムアンモニウム六水和物(NH4)2Mg(SO4)26H2Oをいう。ミョウバンとともに複塩の代表的な例である。ただし実際には[Mg(H2O)6]SO4(NH4)2SO4のような構造をもつ。これと構造の似た多くの同形結晶が知られている。たとえば、M2M(SO4)26H2OのM=K,(NH4),Rb,Cs,Tl、M=Mg,Zn,Cd,Mn,Fe,Co,Niなどが多く知られ、またSO42-のかわりにSeO42-,BeF42-などのものも知られている。いずれも同じ結晶形で、構造が同じなので、それらの間での完全な混晶も知られている。なお、名称は、イギリスのタットンAlfred Edwin Howard Tutton(1864―1938)が、この種の塩の研究を行ったのに由来する。またこのうち(NH4)2Fe(SO4)26H2Oはモール塩とよばれ、空気中で風解しにくく、鉄()塩としては比較的安定なので鉄()の標準溶液をつくるのに用いられる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タットン塩の関連キーワードイオン肥料焼アンモニウムミョウバン硫安炭酸アンモニウムアンモニウム瀉利塩硫酸カリウムキーセリタイト硫酸マグネシウム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone