コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナロット寺院 タナロットジイン

デジタル大辞泉の解説

タナロット‐じいん〔‐ジヰン〕【タナロット寺院】

Pura Tanah Lot》インドネシア南部、バリ島南西岸にあるヒンズー教寺院。干潮時に陸続きになる岩礁の上に建てられた寺院であり、同島六大寺院の一つに数えられる。16世紀にジャワ島から渡ってきたニラルタという高僧の勧めによって建立。波の浸食を防ぐため、日本の政府開発援助(ODA)によって台座部分の岩礁が補強された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

タナロットじいん【タナロット寺院】

インドネシアのバリ島中西部の海岸にあるヒンドゥー教の寺院。破壊神シバ・繁栄神ヴィシュヌ・創造神ブラフマのヒンドゥーの三大神を祀るバリ六大寺院の一つで、建物は16世紀ごろにつくられたといわれている。海の中の岩礁の上につくられた寺院で、干潮時には陸続きとなり、歩いて渡ることができる。美しいシルエットをつくる同寺院の夕景がたいへん有名である。現在、同寺院とその景観を海岸の侵食から守るため、日本のODAによるプロジェクトが進められている。◇正式名称は「Pura Tanah Lot」。通称は「ロックテンプル」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

タナロット寺院の関連キーワードウルンダヌブラタン寺院タバナン

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android