コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナロット寺院 タナロットジイン

2件 の用語解説(タナロット寺院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タナロット‐じいん〔‐ジヰン〕【タナロット寺院】

Pura Tanah Lot》インドネシア南部、バリ島南西岸にあるヒンズー教寺院。干潮時に陸続きになる岩礁の上に建てられた寺院であり、同島六大寺院の一つに数えられる。16世紀にジャワ島から渡ってきたニラルタという高僧の勧めによって建立。波の浸食を防ぐため、日本の政府開発援助ODA)によって台座部分の岩礁が補強された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

タナロットじいん【タナロット寺院】

インドネシアのバリ島中西部の海岸にあるヒンドゥー教の寺院。破壊神シバ・繁栄神ヴィシュヌ・創造神ブラフマのヒンドゥーの三大神を祀るバリ六大寺院の一つで、建物は16世紀ごろにつくられたといわれている。海の中の岩礁の上につくられた寺院で、干潮時には陸続きとなり、歩いて渡ることができる。美しいシルエットをつくる同寺院の夕景がたいへん有名である。現在、同寺院とその景観を海岸の侵食から守るため、日本のODAによるプロジェクトが進められている。◇正式名称は「Pura Tanah Lot」。通称は「ロックテンプル」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タナロット寺院の関連キーワードインドネシアインドネシア語派バリ島タマンアユン寺院チュルクインドネシアの恋唄ジャガッナタ寺院タマンミニインドネシアバトゥブラン村ガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タナロット寺院の関連情報