コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タヌキノショクダイ Glaziocharis abei Akasawa

世界大百科事典 第2版の解説

タヌキノショクダイ【Glaziocharis abei Akasawa】

四国の照葉樹林林床に生えるごくまれなヒナノシャクジョウ科の腐生植物(イラスト)。葉緑体をもたず黄白色。分枝した根茎が落葉の下にうずまり,高さ1~4cmの花茎を立て,その頂部に1花をつける。花期は夏。花はつぼ形の花筒部を有し,長さ1cmほど,3枚の内花被片は細長い倒卵形くさび形で,その頂端部で相互に合着して,ドーム状の構造になる。おしべは6本で,花筒部の内縁につく。たいへん奇妙な形の花で,最初徳島県で阿部近一が発見(1943)し,赤沢時之が阿波のタヌキにちなんでか,タヌキノショクダイの和名を付し,1950年に学会に報告した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タヌキノショクダイ
たぬきのしょくだい / 狸燭台
[学]Thismia abei (Akasawa) Hatusima

ヒナノシャクジョウ科の多年生腐生植物。茎は高さ1~4センチメートル、大部分は落ち葉に埋もれる。花は茎頂に単生し、白色で長さ1.5センチメートル、径6~7ミリメートル。外花被片(がいかひへん)は線形で開出するが、内花被片は倒卵形で先は内側に曲がって互いに合着し、全体が三脚状になる。花筒は壺(つぼ)形で長さ約1センチメートル、花期後に基部で輪状に切れて落ちる。雄しべは6本。1943年(昭和18)に徳島県で、72年(昭和47)に宮崎県で発見された。常緑樹林内に生えるが、非常に少ない。三脚状の花形を燭台(しょくだい)に見立て、きわめて奇妙な草ということからタヌキの呼び名がついた。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タヌキノショクダイの関連キーワード那賀(町)木沢[村]木沢